モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利

投稿日: カテゴリー: 東京ー大阪移動
モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | 電車

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 だったという私の実体験をご紹介いたします。
今まで在来線はICOCA、新幹線はEX-ICカードと使い分けていましがモバイルSuicaアプリを使うとオートチャージもできスマホ1つで東京⇔大阪の移動さらには電子マネーでお買い物まで出来て超便利です。

 

スポンサーリンク

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利

スマホにモバイルSuicaのアプリをインストールして、会員情報やクレジットカード情報の登録を行うことでいろいろと便利に使うことができます。
順番にご紹介していきたいと思います。

 

改札はタッチするだけ

カードタイプのSuicaと同じように、スマホを改札機にタッチするだけで入出場できます。
私は電車の中でよくスマホを使用するのでいつも取り出しやすいところに入れています。
改札を通るのにわざわざ定期券やICカードを取り出す必要がなく便利です。

 

定期券に対応

わざわざ列に並んで定期券を買わなくてもスマホで購入することが出来ます。
定期券の更新も気づいたその場でスマホをいじるだけです。

利用可能な定期券

・通勤定期券
・通学定期券
・新幹線定期券
・グリーン定期券
・二区間にわたる定期券

 

新幹線もチケットレス

新幹線もスマホを改札機にタッチするだけで乗車できます。
在来線から新幹線への乗り換えもスマホ1つで改札を通れるのでスマートに移動できます。

 

モバイルSuica特急券

新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)

スマホできっぷを購入してチケット情報をスマホにダウンロードすることで利用可能です。
モバイルSuica特急券(通称モバトク)の他にさらにおトクな料金のスーパーモバイルSuica特急券(スーパーモバトク)があります。

 

EX-IC(エクスプレスIC)サービス

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)

チケットレスサービスである「EX-ICサービス」を利用できます。
別途JR 東海「エクスプレス予約」の入会(年会費1,080円/税込)が必要となります。

 

電子マネーをチャージしてお買い物

スマホのモバイルSuicaに電子マネーをチャージすることができます。チャージした電子マネー(SF)を使ってコンビニなどSFに対応しているお店で買いものができます。また、ネットでのショッピングにも利用することができます。

クレジットカードを登録していれば、いつでもどこでも電子マネー(SF)へのチャージができます。コンビニなどでの買い物で残高が不足していることに気づいてもその場でチャージできます。

 

オートチャージ機能があり安心

クレジットカードの登録にビューカードを指定している場合、自動改札機にタッチするだけでSuicaへのチャージができるオートチャージを利用できます。チャージ忘れの心配もなく、改札で慌てることもありません。

 

利用履歴と残高の確認

電子マネー(SF)の利用履歴や残額などをスマホで簡単に確認できます。
アプリを立ち上げると上のほうに残高が表示されているのですぐに確認できます。

 

機種変更時の移行も簡単

スマホを機種変更するときの移行も簡単にできます。定期券や電子マネー(SF)の残額などの情報を新しいスマホにそのまま移すことができます。

 

利用開始までの流れ

事前準備

モバイルSuicaの対応機種かどうか確認する

JR東日本のHPに公開されていますので事前に確認しましょう。

 

決済に利用するクレジットカードを準備する

利用可能なクレジットカード
ビューカード
JCB、VISA、Mastercard、American Express、Diners Club
JR東海エクスプレスカード

 

モバイルSuicaの年会費
ビューカード :当面無料
その他のカード:1,030円(税込)

 

モバイルSuicaアプリのインストールと登録

モバイルSuicaアプリ

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | アプリダウンロード

PlayストアでモバイルSuicaアプリをインストールします。
上記はインストール直後の画面です。

 

アプリを立ち上げ会員登録を行う

①規約・特約を確認して「会員規約・利用規約に同意する」にチェックを入れ「会員情報入力へ」をクリック。

②会員情報の必要な項目を入力して「各種設定へ」をクリック。

③必要な項目を入力し「クレジットカード情報入力へ」をクリック。

④決済に使用するクレジットカードの情報を入力し「確認画面へ」をクリック。

 

電子マネーをチャージする

モバイルSuica TOP画面

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | モバイルSuica TOP画面

モバイルSuicaのTOP画面にあるSF(電子マネー)を選択します。

上の画面のSuica残高に4034円と表示されているのは私のスマホ画面をキャプチャーして載せているためで、最初からチャージされているわけではありませんのであしからず。。。

 

SF(電子マネー)

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | モバイルSuica 電子マネー

1入金(チャージ)から電子マネーをチャージできます。
5オートチャージ設定もここで行うことができます。

定期券はTOP画面から購入できますが、ここからも購入出来ます。

 

チャージ画面

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | モバイルSuica チャージ

入金(チャージ)は金額を入力して「確認する」を選択するだけですので簡単です。
いつでもどこでもチャージ出来て便利です。

 

EX-ICサービスの登録をする

モバイルSuica TOP画面

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | モバイルSuica TOP画面

エクスプレス予約(JR東海)からEX-ICサービスに登録できます。

モバイルSuicaでEX-ICサービスを利用する場合、EX-ICサービスに登録できるクレジットカードは2通りあり登録方法が異なりますのでご注意ください。

 

JR東海エクスプレス・カード

JR東海のエクスプレスカードを申込むとエクスプレスカードが届きます。

エクスプレスカードが届いたらモバイルSuicaアプリを起動して、メニューのエクスプレス予約(JR東海)からJR東海エクスプレスの予約サイトに接続し、EX-ICの利用登録を行います。

 

ビューカード

JR東海のエクスプレスカードを申し込まなくても、ビューカードをモバイルSuicaの決済クレジットカードに登録していればEX-ICサービスを利用できます。(ビュー・エクスプレス特約)

まずモバイルSuicaアプリを起動して会員メニューからビュー・エクスプレス特約を申込む必要があります。手続き完了後2週間程度でJR東海からエクスプレス予約会員証が送付されます。

エクスプレス予約会員証が届いたら、モバイルSuicaアプリを起動して、メニューのエクスプレス予約(JR東海)からJR東海エクスプレスの予約サイトに接続し、EX-ICの利用登録を行います。

 

エクスプレス予約会員証

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | EX-IC

 

モバイルSuicaで新幹線を利用する

エクスプレス予約

エクスプレス予約画面

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | EX予約

モバイルSuicaのTOP画面のエクスプレス予約(JR東海)から東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の予約ができます。

設定したパスワードを入力します。

 

エクスプレス予約画面

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | EX予約TOP画面

エクスプレス予約では新幹線の予約の他に予約確認や無料で予約の変更を行うことができます。

またエクスプレス予約で新幹線を利用すると乗車区間に応じてポイントが貰えます。
1000ポイント貯まると東京-大阪間のグリーン車に無料で乗車することができます。
※東京-大阪間を6往復すると1000ポイント貯まります。ポイントには有効期限があります。

 

新幹線に乗車する

新幹線の改札機にスマホをかざすだけで乗車できます。在来線からの乗り換えもスマホ1つで出来て大変便利です。

 

グリーン車

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | グリーン車

グリーン車はシートがゆったり広く背もたれの厚みもあり快適です。テーブルも大きくしっかりしており、手前にスライドできます。
フットレストもあります。

またビジネス冊子が2冊置いてあり持ち帰りOKとなっています。乗車後は添乗員の方がおしぼりを持ってきてくれます。

 

モバイルSuicaは機種変更も簡単

モバイルSuica TOP画面

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | モバイルSuicaTOP画面

機種変更は会員メニューから行います。

 

ログイン画面

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | 会員メニューパスワード

会員メニューに入るには毎回パスワードを入力する必要があります。

 

会員メニュー

モバイルSuicaアプリを使うとチャージも定期も新幹線も超便利 | 会員メニュー

6携帯情報端末の機種変更で旧機種から新機種へデータを移行します。

1.旧機種で電子マネーなどのデータをサーバーに保存します。

2.新機種にモバイルSuicaをインストールしてサーバーからデータを取得します。

 

モバイルSuicaの決済カードはビューカードがおすすめ

モバイルSuicaの決済カードはビューカードをおすすめいたします。
メインのクレジットカードをお持ちのかたもいらっしゃると思いますが、ビューカードをモバイルSuica用に作ったほうがいろいろとメリットがあります。

 

モバイルSuicaの年会費が当面無料

モバイルSuicaの年会費は1,030円(税込)ですが、ビューカードを決済カードに登録するとモバイルSuicaの年会費が当面無料となります。※ビューカード自身の年会費は別途かかります。

 

オートチャージができる

ビューカードを登録している場合、
自動改札機で入場するときにチャージ(入金)ができる「オートチャージ」機能が使えます。改札入場時にSuica残額が設定金額以下の場合に自動的に設定金額がチャージされます。残高不足を気にすることなく利用できるので安心です。
この機能はビューカードを登録している場合のみ利用できますのでご注意ください。

 

ポイントが貯まる

ビューカードでチャージするとポイントが貯まります。還元率は1.5%です。
貯まったポイントは400ポイント毎にSuicaの電子マネー(1,000円相当)に交換できます。

 

ビューカードについて

ビューカードは何種類かあります。

 

「ビュー・スイカ」カード

Suicaのオートチャージ機能やポイント3倍など基本サービスが充実しているビューカードの定番のカードです。
Suica、定期券、クレジットカードが1枚に集約。通勤に通学、自動販売機やコンビニの支払いにも利用でき便利です。

年会費は477円(税抜)です。

 

ビューゴールドプラスカード

ビューカードの基本サービスに加えて東京駅や空港のラウンジサービスも利用できます。
グリーン車利用券がもらえる入会特典や旅行保険の補償内容も1ランク上となりゴールドカードならではのクレジットカードです。

年会費は10,000円(税抜)で少し高めです。

 

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラのお買い物で最大11.5%相当、通常の買い物も実質1%相当のポイントが貯まるお得なクレジットカードです。

年会費は477円(税抜)ですが、 初年度は年会費無料で2年目以降も前年にクレ ジットを利用していれば無料となります。

 

ルミネカード

ルミネやアイルミネでの買い物が5%OFFになります。
年に数回10%OFFキャンペーンもありお得なクレジットカードです。
Suica、定期券機能もついています。

年会費は953円(税抜) で初年度年会費無料です。ルミネをよく利用される方であれば年会費のもとは取れると思います。

 

この他にもビューカードはいろいろありますので、ご自身の生活スタイルに合ったものが見つかると思います。

 

まとめ

モバイルSuicaアプリを使い始めて少し時間が経ちましたが、スマホ一つで乗り換えがスムーズにできるので大変便利です。

東京での毎日の通勤や大阪に新幹線で帰省するときもスマホをかざすだけですので、今までのようにわざわざICカードを取り出さずに済みます。

最近では路線バスや空港までの高速バスなどでも運転席横の支払い機でモバイルSuicaが使えるようになっています。

電子マネーによるお買い物もできるので重宝しています。

 

 

スポンサーリンク