初めてのLCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編)

投稿日: カテゴリー: 東京ー大阪移動
成田空港第一ターミナル | ピーチ

ここでは初めての LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) と題して、初めてピーチに乗りましたのでチケットの購入方法から搭乗の様子までを掲載したいと思います。大阪に行くには成田発の便しか選択肢がないため移動時間は新幹線に比べて長くなりますが、料金はかなりお安くなります。

 

スポンサーリンク

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編)

LCCに今回初めて乗りました。成田発関空行きです。金曜日に仕事のあとLCCに乗る為には最終便でも早めに会社を出る必要があるため普段は利用していないのですが、年末の連休で帰省するときに使ってみました。もしかしたら金曜日の仕事のあと利用することがあるかもしれないと思い、練習を兼ねて12月23日(祝)最終の便を予約することにしました。

 

ピーチかジェットスターか

搭乗するLCCですがジェットスターにするかピーチにするか迷うところです。
私は下記の理由によりピーチにしました。

・第1ターミナルなので早く空港に着く
・展望デッキで飛行機を見たい
・ラウンジを使ってみたい

ジェットスターはLCC専用の第3ターミナルにあります。第3ターミナルには展望デッキやラウンジがないので今回は第1ターミナルにあるピーチを利用しました。

 

Peachの予約方法

PeachのHPのトップ画面から予約できます。

1.出発地、目的地、出発日を選びます。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約1

 

2.最終便のハッピーピーチを選びます。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約2

ハッピーピーチプラスはフライトの変更が無料でできるなど良いのですが、2000円近くも高くなるためLCCのうまみが少なくなります。

 

3.お客様情報を入力します。

 名前や住所、連絡先などを入力します。

 

4.座席を指定します。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約3

 

座席指定は追加料金がかかります。

ファストシート   :1,300円
スマートシート   :  650円
プレジャーシート :  500円
スタンダードシート:  350円

 

ファストシートは最前列で足元も広々ですが1,300円はちょっと高いです。

スマートシートは2列目から5列目までと非常口付近の12、13列のみ指定できます。
ただし2列目から5列目までは足元が狭いです。早く降りたい人は指定してもいいかもしれませんが、私は足元の広い13列目を予約しました。12列目はリクライニングが出来ないので注意が必要です。

 

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約4

 

5.制限事項を読んで問題なければ指定する

非常口付近の席は下記の対象制限があります。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約5

6.Peachチケットガードの選択

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約6

やむをえず購入した航空券をキャンセルする必要がでてきた場合に航空チケット代を補償する保険ですが、私は加入しませんでした。

 

7.旅行保険の選択

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約7

旅行先での事故やケガ、盗難などの補償をしてくれる保険ですが、私は加入しませんでいた。

 

8.支払い方法選択

私はクレジットカード決済にしました。

必要事項を記入します。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約8

9.購入ボタンを押す

出発の日時を確認し、購入ボタンを押します。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ予約9

 

料金明細
大人:1
運賃       :6,340円
関西空港施設使用料:  360円
成田空港施設使用料:  440円
支払い手数料   :  440円
合計       :7,580円

予約した日がほぼ1ヶ月前だったので、もう少し早めに予約しておけば安かったかもしれません。
運賃以外にも施設使用料とクレジット決済の手数料が1240円かかりました。

また、成田までのバス代と関空からの交通費が合わせて2300円ほどかかりましたが、それでも合わせて1万円以下となりトータルの交通費は新幹線を利用するより4000円ほど安くなりました。

 

高速バス Theアクセス成田に乗る

次に成田空港までの移動ですが、この日は高速バスのTheアクセス成田を利用しました。東京駅から成田空港第1ターミナルまでは1時間15分1000円で行くことができます。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |高速バス

 

乗り場

バス乗り場は東京駅の八重洲南口で駅からすぐですので便利です。JR高速バスのりば7番乗り場になります。

 

八重洲南口から出る(写真左側)

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |高速バス乗り場1

 

進行方向左手にバス停がある

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |高速バス乗り場2

 

成田行きは7番乗り場

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |高速バス乗り場3

 

 

購入方法

事前にWEBから予約する方法と直接バス乗り場に行いって支払う方法があります。私は予約せずに直接乗り場に行きました。乗車時に運転席でSuicaを利用できるので便利でした。

バスの乗車は予約されている方優先で、予約していない人は予約の方が乗車したあと先着順になります。時刻表ぎりぎりに行くと乗れない場合があるので注意が必要です。

 

移動

成田空港でいろいろ探検したかったので、かなり早めの16:40発に乗りました。

バスは10分ほど遅れて発車しましたが追い越し車線をペースよく走りました。左手には夜の暗に浮かぶスカイツリーが良く見えました。

 

成田空港に到着

17:40に第2ターミナルに到着。数人降りました。
17:50に第1ターミナルに到着。半分ほどの十数人が降りました。私もここで降りました。残りの半分の方は第3ターミナルですね。結局のところ高速がすいていたのか所要時間は60分ほどでした。

 

成田空港

展望台

成田空港にに着いてまず5階展望台に行きました。すでに日が落ちて暗く離陸する飛行機もあまり良く見えませんでした。展望台には昼間に行くほうが良いですね。寒かったので下記の写真を撮ってすぐに中に入りました。。。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |成田空港第一ターミナル

 

ラウンジに行く

私はプライオリティパスというものを所有しています。プライオリティパスを持っていると1000以上ある世界中の空港ラウンジが無料で利用でき軽食やアルコールなども無料でいただくことができます。

成田空港の第1ターミナルでプライオリティパスが使えるラウンジは3つです。

クレジットカード会社のラウンジ
 ・TEIラウンジ
 ・IASS Executive Longe 1
  ※出国手続き前のエリア

航空会社系のラウンジ
 ・KALラウンジ(大韓航空)
  ※搭乗手続き後のエリア

今回は国内線ということもあり、利用できるのは出国手続き前のTEIラウンジとIASS Executive Longe 1のみになります。せっかくなので両方に入ってみました。

 

IASSのほうは、缶ビールまたは缶ウイスキーが1杯目無料となっており、受付でどちらにするか選べます。私は缶ビールを頼みました。受付のお姉さんが席までグラスと一緒に持ってきてくれます。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |IASSラウンジ 無料のお酒とおつまみ

おつまみは柿ピーのみとなりますが、待ち時間にちょっとビールを飲む分には十分ありがたいです。またコンセントもあるのでスマホやパソコンの充電もできて便利です。

 

TEIラウンジは無料のアルコールはありませんでした。コーヒーを一杯のんでくつろぎました。人は少な目でした。。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ラウンジ コーヒー

今回体験したラウンジはゴールドカードなどのクレジットカードの特典としてついてくるものも含みますので利用される方は多めです。特にお酒が無料で飲めるIASSラウンジのほうがTEIラウンジより混雑していました。

 

ラウンジの体験談についてはこちらのページをご覧ください。。

 

基本的にはクレジット会社系のラウンジより航空会社系のラウンジのほうがサービスのレベルが高いのですが、成田では唯一プライオリティパスで入れる航空会社系の大韓航空ラウンジ(KAL BUSINESS CLASS LOUNGE)には入ることが出来ません。
ただ関空にもKALラウンジがあり、こちらは成田と違って出国手続き前のエリアにあるためピーチやジェットスターなど国内線のLCCを利用する場合でも入れます

 

KALラウンジを利用した時の記事はこちらになります。

 

 

チェックイン(90分~30分前まで)

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |成田 ピーチ搭乗手続き

ピーチのチェックインカウンターは1階南ウイングにあり、出発時刻の90分前からチェックインができます。出発90分前にチェックインカウンターに到着してみると、すでに15人ほどが列を作っていました。また、出発の30分前までには手続きを終わらせておかないと飛行機に乗れないので余裕をもって早めに手続きをしておきましょう。

チェックインは予約時に発行された2次元バーコードをかざすだけです。私の場合はスマホからバーコードを表示させても認識してくれなかったので、直接予約番号を打ち込みました。2次元バーコードを使う場合は紙にプリントしていったほうがスムーズかもしれません。手続きがうまくできると搭乗券(レシートのような紙)が出てくるのでそれを持ってチェックインカウンターのうしろにあるカウンターで手荷物を預かってもらいます。私の場合は預ける荷物がありませんでしたのでそのまま保安検査に向かいました。

保安検査が終わるとロビーで待つことになります。広めのロビーで開放感がありました。ロビーには東京のお土産を販売している売店もあり、軽食もありました。お腹がすいてきたので焼きそばを食べました。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ロビー 軽食

ここにはカレーやうどんもありますが、4階や5階にあるフードコートを利用するほうが落ち着いて食べることが出来ると思います。

 

出発

この日は30分遅れて出発することになりました。LCCでは出発が遅れることはよくあることのようです。。

 

機内

座席は13C。非常口座席なので足もとは広いです。新幹線と比べても全然窮屈ではありませんでした。この席を指定するには通常料金に加え650円かかりますが、これなら払う価値があると感じました。写真は撮っていませんが、スタンダードの席は足を組むにはちょっと狭いです。

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |ピーチ機内足元

ピーチ機内です。

 

LCCで東京-大阪間の移動(ピーチ編) |新幹線内 足元

新幹線です。ピーチは新幹線と比べてもほとんど差がありません。写真は違う日に撮影しましたがたまたま同じズボン同じ靴でした。はずかしい。。余談ですがこれらはギルトで買いました。

 

 

 

飛行時間は1時間半ほどかかります。いつも新幹線で2時間半近くかかっていますので早く感じました。機内ではドリンク等は有料ですので事前にペットボトルの水を買って持ち込みました。

 

到着

関空の第2ターミナルに到着します。

 

飛行機を降りて徒歩でターミナルビルに移動することになります。荷物を預けたかたは手荷物受取所で手荷物を受け取ります。

関空からの移動は大阪の家の最寄り駅まで行ってくれる高速バスにしました。バス停はビルを出て右手に歩いていくとすぐにありました。

結局のところ大阪の家に着くまでに実際に移動にかかった時間は、探検していた時間を除くと6時間近くになりました。(Peachの遅れ含む)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回初めてピーチを利用しましたが、思いのほか快適でした。移動にかかる拘束時間は長めになり、私の場合は新幹線だと4時間程度に対してピーチだと+1時間半はかかります。

しかし新幹線に比べて交通費は4000円ほど安くなりますので金曜日に早めに帰れそうなときはピーチを利用したいと思います。(運賃を安くするためには1ヶ月以上前に予約する必要がありますが、その時点で早く帰れるかどうかが分からないのが難点です。。)

 

追記

2回目のピーチに搭乗しました。普通の金曜日にピーチで大阪に帰省したらどうなるか試しました。
高速バスはTheアクセス成田ではなく東京シャトルを利用してみました。

 

 

  

スポンサーリンク